めぐりファームについて

はじめまして。


めぐりファーム代表の金澤裕子です。


富山県下新川郡入善町、朝日町でお米・野菜・ハーブ・オリーブを栽培・販売しています。

農薬・化学肥料・動物性肥料を使用していません。

扱っている作物のほとんどは固定種と呼ばれるこれから先も命を受け継いでいける種を使っています。

生きとし生けるものが共存できる田畑でできるだけ穏やかに作物に成長してもらえるようお世話しています。

春から秋にかけては「人里の小さな自然とふれあう会」を催し、ご家族そろって田畑で過ごしていただく機会を提供しています。


農業を始めるきっかけは結婚相手が農家の長男だったことでした。

それまでも家庭菜園を楽しんでいましたが、先代の父が脳梗塞で倒れたため田んぼを引き継ぐために2013年に入善町へ転入し手伝いはじめました。

そこで初めてやった作業が畔に除草剤を撒く仕事でした。

義母に言われるままに散布しましたが、早春の新緑の季節にいつまでも茶色いままの田んぼの姿に違和感を覚えました。

いつもならそこにはシロツメクサや踊子草、オオバコ、オオイヌノフグリ、タンポポ、よもぎ、ミミナグサ、ムラサキゴケなど野草たちの花畑になる場所なのです。

夏がやってきて一斉に農薬を散布する時期がきました。

小型ヘリで農薬を散布する会社が行うのですが、その目印に赤い小さな旗が立ちます。

町の約7割が水田という入善町にあってそのほとんど全ての田んぼに旗が立っている光景に驚きましたが

ここでは普通のこととして受け止められているようでした。

農薬散布の後畑に行くと、足の踏み場もないくらいのカエルが畑を占拠していました。

隣の田んぼではカエルが数匹お腹を見せて死んでいました。(今ではそのような強い農薬を使うことはありませんが)

今まで自分が送ってきた穏やかな普通の生活がこのような犠牲のもとに成り立っているけど

農薬を使わなくてもできる農業が成り立てばその輪が広がるかもしれない、

農薬を使わないで作物を育てようと決め、2016年に就農、2018年にめぐりファームを立ち上げました。


それでも毎年トラクターやコンバインで田んぼに入ると一瞬にしてそこに住む虫たちの環境を変え、

相当数の犠牲があります。

農業は周辺の生き物を犠牲にしないと成り立たないのが今の現実ですが

それでも毎年田畑ではたくさんのカエルが鳴き、虫が行き交っています。


また作物も命です。

食べ物ではなく命として食べていただけたら体だけでなく心も命を長らえることができるのではないかと考えます。

ものではなく命のままお客様にお渡しできることが私の願いです。


そんなたくさんの命が共存できる田畑で働くことが私の喜びです。





金澤裕子 <略歴>

1974年   富山県富山市に生まれる。

1989~1992年 富山県立富山女子高校に通う。演劇部に所属し1992年全国大会に出場する。

1992~1996年 大阪芸術大学で映像制作を学ぶ?

1996~2002年 就職せずに数々のアルバイトを転々とする。

2002~2004年 ロンドンでも2年半生活。そこでもアルバイトを転々とする。

2004~2016年  地元のケーブルテレビ会社に就職。最初の約6年は富山県魚津市のNICE TVに、出産育児を挟んで残りの約3年は富山県東部の1市2町のみらーれTVで営業事務や広報、トラブル対応などの仕事につく。


ロンドンで滞在中の頃からオーガニックの支持者が一定数いて大体のスーパーでオーガニックの商品を購入することができました。また健康に対する意識が高い多くいて色々なことを教えてもらいました。その知識は今も役立っています。

また多様な民族が住んでいてそれぞれの独自性を尊重しながら友好的に暮らす社会の中で学ぶことは多かったです。どんな生き物とも田畑で適度な距離感を保ちながら共存したいと思い立つきっかけでもあったと思いますきっかけでもあったと思います。

またお年寄りでも子供でもどんな人ともフラットに付き合う気楽さを教えてくれたことも大きかったです。

ロンドンでの生活はそれまで後ろ向きだった性格が少し前向きになったとても貴重な時間。

イギリスやトルコ人タイ人、日本人の女の子やフランス人のゲイの男の子とハウスシェアをして毎晩パーティをして過ごし大学の時にできなかった青春時代を味わったことでやっと定職に就く気になりました。2003年のレインボーパレードに参加できたこともいい思い出。みんなありがとう。


日本に帰って縁あって新川地区と呼ばれる富山県東部に拠点が移りました。素朴なあたたかみが心地よい地域。海も山も近くて食べ物が本当に美味しいところです。